第7回講座

〜前回のあらすじ〜

第6回講座にて突如現れた「別無べむ」により人工知能搭載AIロボが長年の歳月をかけてついに完成した。
別無の華化賀に対する恨みにより、華化賀の会社をのっとるべく、AIロボ達を各受講生の元に向かわせた。

受講生達の首の付け根らへんをチョップし、気絶させたうえ、
人工知能搭載AIロボの必殺技「フェースリプレイス」により、受講生の顔を反映させていった。

そしてその後は、なんだかんだでオリビア以外の受講生達も同じような手順でなりすましを行っていった。


キョキョー!
ついに5体揃えたか!でかしたぞ!人工知能搭載AIロボ達よ!







そして第7回講座が始まる・・・

はい、みなさん、お久しぶりですねー!
二ヶ月くらいぶりですかね。

会社の業績不振により社長が資金調達の為、銀行を駆けずり回っており運営自体もできない状態でした。
目処がついたらしいので、また再開しようと思います。



今日は皆さんに開発環境の作り方を教えようと思います。
とこで皆さん開発環境を作る時は何を使用しますか?

ウィーンガシャン ピロピロー

あれ?なんかピロピロ言ってますね。

ピキーン ガシャガシャ

まあいいでしょう。
皆さんはDocker(ドッカー)をご存知ですか?Dockerとは「データやプログラムを隔離できる」仕組みです。


「仕組みと使い方がわかる Docker&Kubernetesのきほんのきほん」P3の2行目より抜粋



ウィキペディアヨリ ジョウホウ シュトクチュウ・・・

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

Docker(ドッカー[4])は、コンテナ仮想化を用いてアプリケーションを開発・配置・実行するためのオープンプラットフォームである[5]

Dockerはコンテナ仮想化を用いたOSレベルの仮想化英語版)によりアプリケーションを開発・実行環境から隔離し、アプリケーションの素早い提供を可能にする。かつその環境自体をアプリケーションと同じようにコード(イメージ)として管理可能にする[6]。Dockerを開発・テスト・デプロイに用いることで「コードを書く」と「コードが製品として実行される」間の時間的ギャップを大きく短縮できる[7]

インヨウモト:https://ja.wikipedia.org/wiki/Docker

ツヅケテ ウィキペディアヨリ ジョウホウ シュトクチュウ・・・

アプリケーションソフトウェアは開発環境でコーディングされ、テスト環境で動作確認され、ステージング環境にデプロイされ、本番環境でサービス提供をおこない、開発環境でデバッグされる。ソフトウェア開発ではただアプリケーションのコードを書くのではなく、上記すべての環境整備と環境へのアプリケーションデプロイを行う必要がある。かつ複数人による開発では上記すべてを全員で一貫性をもって共有しなければならない。

これらを達成するには様々な状況(動作OS、既存環境)へ同一の環境とアプリケーションをできるだけ低コストで届ける必要がある。動作OS(ホストOS)や既存環境からの隔離手法にはOSレベルの仮想化英語版)があり、その一種にカーネルをホストと共有しプロセス・ファイルシステムを隔離するコンテナ仮想化がある。環境をアプリケーションごとコンテナへ隔離しコンテナのイメージファイルを配布することで、ランタイムが用意されたあらゆる状況へ同一環境・同一アプリケーションを配備できる。

Dockerはこのコンテナ仮想化を核としたアプリケーションのためのオープンプラットフォームである。環境およびアプリケーションをDockerイメージとしてバンドルし、DockerエンジンによりDockerコンテナとして配備・実行できる。Linux・Windows・Macすべてに対応したDockerエンジンは開発・テスト・本番・デバッグなど様々な状況で容易かつ高速なアプリケーション配備・実行を可能にする。またDockerイメージのレジストリ登録・Dockerイメージに基づいた派生イメージ生成・差分管理による派生イメージの低容量化により、容易な独自イメージ生成と高速/低負荷なコンテナ生成が可能になる。かつ標準仕様化を含むDockerソフトウェアのコンポーネント化により、コンテナ仮想化レベル自体の制御を含む独自コンテナ仮想化システムが構築可能になっている。このようにDockerは広範なアプリケーション開発のためのプラットフォームとして現在では機能している。

Dockerがもたらす環境/アプリケーション展開の効率化は継続的インテグレーション(CI)継続的デプロイ(CD)によるサービス提供の高頻度化をさらに加速させた。またクラウドコンピューティングが提供するマネージドサービスと展開コンテナ数調整によってサービスのスケーリングは容易になり、サービスの柔軟性やコスト構造にも影響を及ぼしている。このようにDockerの採用はアプリケーション開発・運用、それが生み出すビジネスまで影響を与えている。

インヨウモト:https://ja.wikipedia.org/wiki/Docker


なんと・・!

ピピー プー (間もなく充電が切れます。ただちに電池を交換してください)


ピカピカ!ドンガラガッシャーーーン!(雷の音)

<audio controls="" src="/program/wp-content/uploads/2022/01/sound_kaminari.mp3"></audio>

フワー−ンフアーン!!!

ムム! 電池切れ警報がなっている!

ZZZZZZ
ZZZZZZ
 
ZZZ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。